睡眠導入剤

アモバンとは、非ベンゾジアゼピン系に属する睡眠薬となり、床に付いた際により自然に眠りに付く事が出来る医薬品とされ興奮や気持ちを落ち着かせる効果により寝付きを良くしてくれるとされ、効き目も良いとされているので不眠に対して広く用いられ、改善薬としてはこの系統が一次の選択とされています。
アモバンの持つ特徴として挙げられる事には幾つか有り、まず持続する時間が超短時間とされているので不眠の中でも入眠障害とされる寝付きが悪い方や一時的に睡眠を取りたい方に適しており、起床時に感じる体のふらつきや脱力感あるいは眠気等も残りにくく副作用が少ない事が挙げられ、他にも筋肉を弛緩する作用自体が弱いとされ、成分の切れが良いとされる反面で内服した直後に一過性健忘や意識障害として朦朧とする事が有るので仮眠程度の為に内服する事は控える必要も有ります。
睡眠に起こる障害は、神経系の興奮により起こるとされており、本来であればGABAという物質が受容体に結合する事で興奮を鎮め眠りに付く事が出来るとされますが、この結合する力が低下する事で不眠が起こると考えられており、成分であるゾピクロンを用いる事で結合する感受性を高める事により興奮状態を鎮静する事が出来る様になり入眠する事が出来る作用とされます。
アモバンにはジェネリックも有り、低価格で購入する事もでき医療機関への受診が出来ない方等には有効となり切れが早い分、個人使用による多量投与に陥り易いともされているのでジェネリックを用いる際には十分な注意を必要とし、先発薬、ジェネリックを区別する事無く副作用には依存症が挙げられるので常用するのでは無く、特に寝付きが悪い時にのみ内服する睡眠薬として使用する必要が有ります。
この系統の睡眠薬の副作用には内服時に口腔内に苦みを感じるとされ、苦手な方は他の薬剤に切り替える必要が有り、他にも稀な事ですが夢遊病等も挙げられ、上記記載の依存症や脱力感等も起こる事が有るので睡眠を必要とする時以外には内服を控える必要が有ります。